《受付中》令和2年度 在宅リハビリテーション従事者研修会 ≪通所リハ編≫

 

■主 催  日本理学療法士協会・日本作業療法士協会・日本言語聴覚士協会

■要 旨

少子高齢社会対策として、地域包括ケアシステムの構築と、持続可能な社会の実現に向けて、矢継ぎ早に社会保障制度が見直されています。在宅リハビリテーションにおいては、高齢であっても、認知機能の低下があっても、障害があっても、病気療養をしていても、心身機能の回復だけでなく、その人の持っている強みを活かして役割や社会参加活動につなげる暮らし作りが求められています。
一方、これまで通所介護に従事する療法士のための系統的な人材育成プログラムがなく、各事業所において手探りでの運営がなされてきた経緯があります。
そこで、本研修会において、通所リハビリテーションにおける運営の基礎から、実務の具体的な進め方、これからの療法士の役割に関してトータルに学びたいと思います。

 

■パンフレットはこちらから。
■日 時 2020年12月12日(土)~12月13日(日)
対象者 1.日本理学療法士協会・日本作業療法士協会・日本言語聴覚士協会 会員

■参加費用 会員 9,900 円・非会員15,400円(税込: 事前振込によるお支払いが必要 )
■お申込み ( 受付開始 9月14日・申込締切 11月15日 

https://fs219.xbit.jp/n954/form13/

(上記の申込フォーマットより、「通所介護編」「通所リハ編」を同時にお申込み出来ます)

■オンラインセミナー受講の注意点

2020年度はZoomを利用したオンラインセミナーとなります。下記の条件を確認の上、お申込ください。
1.PC(カメラ付き)を推奨いたします。(タブレット、スマートフォンでも可)
2.LANケーブル等有線での接続を推奨いたします。
無線(Wi-Fi)の場合は、通信環境が安定した場所でご参加ください。

※ 研修会に備え、接続テストを行う機会を作りますのでご安心ください。

※ 2020年開催研修会 2020年度開催研修会一覧はこちら

  • 一般の方
  • PT・OT・STの方
  • 研修会・フォーラム
  • 調査・報告
  • 広報誌“絆”