個人情報保護方針

 

 

個人情報の定義について

個人情報とは、特定の個人に関する情報であり、その情報を構成する氏名、住所、電話番号、メールアドレス、勤務先、生年月日、その他の記述等により、特定の個人を識別できるものを指します。

 

個人情報の取得と、利用目的について

当財団は、個人情報を取得する場合、利用目的を明らかにし、ご本人の同意を得た上で公正な手段により行い、また取得目的以外の用途には使用いたしません。

 

法令や規範遵守について

当財団は当法人が保有する個人情報の取り扱いに関して適用され、法令、国が定める指針およびその他の規範を遵守します。

 

個人情報の適正な管理と、保護について

当財団は、個人情報の漏洩、滅失、破棄損等の防止のために、法令、ガイドラインおよび当財団の内部規則に従い、適切な安全管理策を施し、保有する個人情報の保護に努めます。

 

個人情報の第三者への委託について

より良いサ-ビスを提供、また事業を実施するために、業務の一部または全部を外部に委託する場合があります。その場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、機密保持・授受・保管・返却・廃棄等についてル-ルを定め、契約書を締結の上、厳正な管理に努めます。

 

個人情報の第三者への提供について

当財団は、ご本人の同意を得ずに個人情報を第三者に提供することはいたしません。

提供先・提供情報内容を特定した上で、ご本人の同意を得た場合に限り、提供いたします。

ただし、以下の場合は、関係法令に反しない範囲で、ご本人の同意なく個人情報を第三者に提供することがあります。

・法令に基づく場合

・人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合

・公衆衛生の向上または児童の健全な育成に推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合

・国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けたものが法令の定める事務を遂行する事に対して協力する必要がある場合であり、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

・裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センターまたはこれらに準じた権限を有する機関から、個人情報についての開示を求められた場合

・ご本人から明示的に第三者への提供を求められた場合

 

●個人情報の開示・訂正または削除について

当財団は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。また、個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。

 

●改訂について

当財団では、利用目的の変更、安全性向上、また関連法令及び規範の改訂に応じて、本「個人情報の取り扱い」を改訂する場合があります。

 

●お問い合わせ

個人情報保護に関する苦情及び相談に対応する窓口を設けて、適切に対応するよう努めます。

お問い合わせフォームは、こちらから

 

一般財団法人 訪問リハビリテーション振興財団 事務局

〒108-0023 東京都港区芝浦3-5-39 田町イーストウィング6F